オデッセイ RC4後期 左フロントフェンダー  ハイブリッド  NH704M

オデッセイ RC4後期 左フロントフェンダー  ハイブリッド  NH704M

12040円

オデッセイ RC4後期 左フロントフェンダー  ハイブリッド  NH704M

オデッセイ RC4後期 左フロントフェンダー  ハイブリッド  NH704M:当店は、お客様に最先端の製品を予算に見合った価格で提供することに大きな誇りを持っています! 人気海外一番,【オンライン限定商品】,最大59%オフ!オデッセイ RC4後期 左フロントフェンダー  ハイブリッド  NH704M
fc2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
乱暴な行為のサンプル(その5)(2022 J1 第6節 鹿島 vs 清水)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2022年4月2日(土)2022明治安田生命J1リーグ 第6節(鹿島アントラーズvs.清水エスパルス)の試合の映像です。当該のシーンから再生されるようにyoutubeのリンクを貼っておきます。





2022明治安田生命J1リーグ 第6節 退場に伴う ディエゴ ピトゥカ選手(鹿島アントラーズ)の出場停止処分について

【処分理由】
2022年4月2日(土)2022明治安田生命J1リーグ 第6節(鹿島アントラーズvs.清水エスパルス)の試合においてディエゴ ピトゥカ選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の交代を命じられフィールドから出た直後、テクニカルエリア内に置いてあったペットボトルをスタンドに向かって蹴り飛ばした行為は、「きわめて危険な行為」および「きわめて反スポーツ的な行為」に該当すると判断、4試合の出場停止とする。






競技規則 2021/2022 第12条 ファウルと不正行為

乱暴な行為

乱暴な行為とは、身体的接触のあるなしにかかわらず、競技者がボールに挑んでいないときに相手競技者に対して、または味方競技者、チーム役員、審判員、観客もしくはその他の者に対して過剰な力を用いる、粗暴な行為を行う、または行おうとすることである。加えて、競技者がボールに挑んでいないとき、意図的に相手競技者やその他の者に対して頭や顔を手や腕で打つ場合、その力が微小なものでない限り、乱暴な行為を犯したことになる。




結果として観客に対して粗暴な行為を行ったことになるためレッドカード相当だということに関しては問題がないかと思います。ではこの行為が交代前になるのか交代後なのかについては、第3条に書かれています。



競技規則 2021/2022 競技者

3. 交代の進め方
交代要員の氏名は、試合開始前に主審に届けられなければならない。それまでに氏名が主審に届けられていない交代要員は、試合に参加できない。

競技者が交代要員と交代する場合、次のことを守らなければならない。

(中略)

交代は、交代要員が競技のフィールドに入ったときに完了し、そのときから退出した競技者は、交代して退いた競技者となる。また、交代要員は、競技者となってプレーの再開に参加できる。

交代して退いた競技者と交代要員は、出場するしないにかかわらず、主審の権限に従い、その管轄下にある。




交代要員は主審の許可がないとフィールドに入れないので、主審が入場を許可したタイミングと交代要員がフィールドに入るタイミングに若干のタイムラグが発生します。



ただし、第2条で「エリアの境界を示すラインはそのエリアの一部である。」と規定されているので、アウトオブプレーとなってディエゴ ピトゥカ選手がフィールドから離れるまでに、既に上田選手がタッチラインを踏んでいた(もしくは、上半身など体の一部がラインの上空にかかっていた)なら、主審の許可が出た瞬間に交代が成立&完了したことになりますね。競技規則には、身体のすべてがフィールドに入り切ったときとは書かれていませんので。)



そういうところまで含めて、審判団には「交代が完了する前だった」という明確な証拠が見当たらなかった、ということなのかも知れません。


☆ 関連記事 ☆

「【Jリーグジャッジリプレイ2022 #6】の映像ほか」










☆ 英略語解説 ☆

DOGSO(Denial of an Obvious Goal Scoring Opportunity)・・・得点、または、決定的な得点の機会の阻止

SPA(Stopping a Promising Attack)・・・チャンス潰し

APP(Attacking Possession Phase)・・・攻撃の起点
The point at which the attacking team advanced which the ball towards their opponents' penalty area and at which a clear forward / attacking phase of play starts.

RRA(Referee Review Area)
OFR(On-Field Review)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。



少年サッカーランキング ← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆